大切なのは早めのカウンセリング

判断が難しい対応

うつ病の人への配慮について

うつ病の人は一般的な人間にくらべてメンタルの面でダメージを受けやすく、ほんの些細な一言で心に大きな傷を負ってしまうこともあります。そのため、周りの人間はそれに応じた気遣いをする必要があります。 うつ病の人に言ってはいけない言葉として、頑張れや大丈夫というものがよく知られています。確かに不用意に元気づけることでうつ病患者側が不快な思いをするケースは少なくありません。ただ、だからといってすべてのうつ病患者側がそうというわけではないので注意が必要です。というのも、うつ病と一口にいってもその症状や精神状態は人それぞれで、対応自体もそれによって微妙に異なってくるのです 中には不用意な励ましはいけないという人もいますし、時にはある程度発破をかけた方が良いというケースもあるので、その接し方は意外に難しいものなのです。

具体的な接し方について

では具体的に、うつ病の人にはどうやって接していけばいいのでしょうか。先にも述べたように、接し方は個々のケースによって細かく変わってくるので、それに応じた臨機応変な対応が必要になってきます。変に気を遣って疎遠になってしまうことだけは避けたいのですが、自分たちではどう接すればいいのか判断できないということもあるでしょう。 そんなときは、まずは当人の家族や担当医にその接し方について尋ねてみるといいでしょう。実際に身近にいる人の意見ですから間違いはほとんどありません。さらに、可能であれば本人に直接尋ねてみるのもおすすめです。もちろん、これはうまくその状況を見定める必要があるのですべてのケースで勧められるわけではありませんが、より的確な接し方をしることができるでしょう。

周りの理解とサポートで症状がよくなる

身近な人がうつ病になった場合、周りの人のサポート次第で症状は軽く済む場合があります。 それは、周りがやたらと心配しすぎないことです。 症状が良くなるのだろうか、治るのだろうかと言ったことはうつになった本人が一番心配し、考えていることです。そんな中で家族や周りの人まで悲観的になったり心配しすぎたりしてはますます気持ちばかりが焦り症状は改善されません。 うつ病は必ず治ります。 まずは、周りの人がそのことを理解し、明るくいつも通り接しましょう。 また、可能な時はうつの症状の人を散歩など外へ連れ出してみるのも気分転換になり気持ちが前向きになる効果があります。 周りの人の理解と接し方でうつ病は早くに解決することができます。 正しい知識で向き合ってあげましょう。