大切なのは早めのカウンセリング

判断が難しい対応

うつ病は目に見えない病気の1つです。そのため、症状の進行具合は簡単に把握できるものではありません。どの程度、症状が進行しているのかによって接し方や対応の仕方は変わってくるので注意が必要です。

Read More

異変を感じたら

相手は風邪でも、下痢でも、骨折でもありません。うつ病時の接し方は、デリケートな問題であり、いろいろ禁句があるんです。

どう接すればよいのか

 うつ病になってしまうと色々と日常的なことも出来なくなってしまいます。そのために大変コミュニケーションなども困難なものになってしまうのですが、それに合わせて周囲の人はコミュニケーションや接し方を考えていく必要があるということを覚えておきましょう。特にこういった接し方は素人には理解しづらい点もありますので、一度専門の人に相談しに行くというのは最高におすすめできるやり方です。鬱病の人と関係を崩してしまう前に是非とも接し方を教えてくれる業者を利用することをオススメします。  こういったものは今ではどこの都市でも開かれるようになっています。それだけ接し方がわからないtといった人が多いのです。そのため何も恥ずかしがることは有りません。

接し方の基本を抑える

 こういった接し方のセミナーや講座が人気なのは何と言ってもその効果の高さです。実際の所、うつ病の人と接するにはその基本を抑えておけば問題はないのです。その基本を講座ではしっかりと抑えてくれますのでその効果も出やすいということは確かなのです。  また、他にも人気の理由として忘れてはいけないのがうつ病の色々な相談ができることです。単なる接し方を学ぶだけでなく色々な悩み事も共有しやすいというのがこういった講座が人気を得ている理由とも行ってよいでしょう。また他にもうつ病患者の家族が集まることもおおいのがこういった講座ですので情報共有もしやすく、大変効果的です。孤立しがちなうつ病家族を結びつけるコミュニティとしての存在もあるということです。

相手の気持ちを考える

普段でも人との接し方には気を遣うものですが、うつ病の人と接するときには一層気をつけなければなりません。安易に「頑張れ」などの言葉を使わない方がいいとよく言われますが、ではどんな接し方が良いのでしょうか。 うつ病患者は常に不安に襲われています。しかしその悩みは、ありえないことを妄想するといった類のものではありません。日常的に誰もが感じる不安が大きくなりすぎて、自分ではどうしようもなくなっているだけなのです。さらに自分がうつ病であると自覚したあとは、周りにかけているだろう迷惑のことについても悩みだします。 こんなときは、もし患者が弱音を吐いたりしても無理に元気づけようとせず、相槌をうつことが望ましいと考えられています。周囲に受け入れられていると思える事で、心の負担は軽くなります。

悩んでいるのは周りの人も同じ

あまり意識されてないことですが、誰かがうつ病になったとき、悩んでいるのは当人だけではありません。むしろ同じかそれ以上に、周囲の人たちも「はやく治してあげなければ」と焦っているものなのです。このお互いが悩んでいる状態のまま治療にあたろうとしても、うまくいかないことが多いです。それどころか、介護のストレスからうつ病を発症することさえあります。 この事態を回避するためには、やはりうつ病についての考えを改めて接し方から変えていくしかありません。治そうと焦れば焦るほど、うつ病の原因を探ったり患者を励ましてしまうといったように、接し方にその気持ちが表れてくるからです。うつ病は病気だという認識をしっかり持ち、希望を与えたり不安を取り除くような接し方を心がけましょう。

うつ病の人にかける気を付けておきたい言葉

新しい環境がスタートして忙しくなったり生活リズムに慣れなかったり、新生活が始まる時期はうつ病になりやすいです。 もし、周りの人がうつ病になってしまったら、どのような接し方をすればよいのでしょうか。 うつ病の人は、精神的にいっぱいいっぱいになってしまっています。そこで、励まそうと言葉をかけたり、話をするときには少し気を付けておきたいことがあります。 一つは、うつ病を責めないことです。 いつ治るのか、どうして落ち込むんだなどと言う接し方は相手を追い詰めてしまうだけです。 またもう一つ、解決策を出すような言葉も控えてあげましょう。 本人も自分なりにじっくり考えているところかもしれませんし、まだ、解決策を考えられるほど落ち着いていないかもしれません。 うつ病の人への接し方は、やたらに励ましたり喝を入れるのではなくそっと見守ることが一番心が落ち着くということを理解しておきましょう。

周囲の対応方法とは

うつ病は、症状が重くなってくると1つ1つの接し方や対応の間違えにも敏感に反応するようになります。患者と接する場合は、どのような言葉をかけるべきなのか等を理解しておきましょう。

Read More

ささいなことでも

うつ病という病気は、本人ももちろんですが、周りにとっても苦しい病気です。特に患者から信頼の大きい人が接し方を誤ってしまうと、最悪の事態につながることもあるので、不用意な一言などに気をつけましょう。

Read More